面接のマナーとは?

面接時に気を付けるマナー

 転職する際の面接の時には、社会人としてビジネスマナーがしっかりできているかということも確認されています。新卒の面接ならば多少のミスは大目に見てもらえることもあるかもしれませんが、転職となると社会人経験も重要視されているので、面接時にマナーがしっかりできていないというのは致命的になってきます。そんなことにならないためにも、しっかりと面接時に気を付けておくべきことを把握しておきましょう。

1.面接室に向かう前に身だしなみをチェックしておく。
 企業に向かう途中や待っている間に服装が乱れてしまっている場合があります。余裕を見てトイレに行き、服装や髪型をしっかりと確認しておきましょう。

2.入室退室の動作
 入室の動作や退室の動作は、応募者を評価する1番の項目ではありませんが、それだけで大きく評価が下がってしまう場合もあります。特に入室の際の動作というのは、1番最初の印象を与える場面になります。だからこそしっかりとしたマナーをマスターしたうえで、面接に臨みましょう。

面接でよくある失敗例

 転職の際の面接というのは人生においてそんなにたくさんの回数があるものではありません。あらかじめどんな失敗をしてしまうケースがあるのかを知っておき、自分の面接対策に役立てましょう。

1.前職の悪口を言ってしまう
 転職者の面接の場合、必ず聞かれるのが前職の退職理由になってきます。その退職理由を答える時についつい悪口にまで言ってしまうことがあります。前職が辛かったと言うのはいいですが、悪口と思えるまでになってしまうと、採用側に良いイメージはもってもらえなくなってしまいます。

2.細かい質問に答えられない
 採用側が応募者を判断しようと思ったら、その知識のレベルを知ろうと思います。しかし、事前の準備をしっかりしていなかったがめに業界の知識を知らなかったり、その会社の製品やサービスについて知識が少なすぎたりして答えられないケースがあります。当然ですが、採用側からしたら意欲がないという印象をうけてしまうので、良いイメージはもってもらえません。

3.余計なことを言ってしまう
 油断した時につい本音が出てしまったりすることがあります。面接の最初は誰しも緊張感をもって臨めるものですが、次第に緊張がほぐれてくるとつい本音を言ってしまい、悪い印象を与えてしまうことがあります。