面接でチェックされること・チェックすべきこと

面接でチェックされる項目とは?

 採用側が面接をする目的は、応募者と直接会話をすることで、履歴書だけではわからないその人の人柄や能力、ビジネスマナーをはかることです。では、具体的にはどのような項目がチェックされているのかを知っておきましょう。予めどのようなところをチェックされているのかを知っておけば、自分に足りない部分を対策することも可能になります。

1.働く目的
 採用を決定する1番重要な項目として、仕事をしていくうえでのモチベーションは重要なものです。もちろん、表面的なやる気を見せることも大切ですが、採用側が見るのは将来的には何を目標にして仕事を行っていこうと思っているのかという点です。応募者を採用したら、当然長く働いて貰いたいということになりますが、長く働くうえでのモチベーションになる何かがあるか、何が仕事をするモチベーションなのかということが重要になってきます。

2.協調性があるか
 採用側は、応募者を採用した時には自分と一緒に同じ会社で働く社員を選ぶことになります。当然ですが自分や同僚としっかりとコミュニケーションをとりながら仕事ができる人間なのか、ということは重要な判断材料になります。仕事をスムーズに進めるためや仕事に意欲的に取り組んでもらうためには、協調性というものは重要になってくるので、採用を決めるうえでも重要な項目になってきます。

面接で応募者側がチェックしておくべき項目とは?

 面接というものは応募者が一方的に判断される場だと思われがちですが、そんなことはありません。自分がこれから長期間働いていくうえで、どのような職場なのかということを確認する場でもあるからです。まずは面接で確認しておきたい項目を知っておきましょう。

1.職務内容の確認
 自分が実際に採用された時にどんな仕事をすることになるのか、ということはあらかじめ知っておくべきことです。自分が思っていた仕事と違う仕事になってしまうことがないように、しっかりチェックしておきましょう。

2.給与や休日、勤務時間がどうなっているかを知る
 給与や休日、勤務時間は、面接では確認しづらい部分ではありますが、これから長く勤めていく職場だからこそ、しっかりと働ける職場を選ぶべきです。いざ働き初めてから、思っていたよりも残業が多かったり、休日が少なかったりしては、仕事に対するモチベーションも下がってしまいます。ですので、あらかじめ確認しておくことが大切です。