転職は在籍中と退職後どちらにすべき?

転職活動を在職中に行うメリット

 転職活動を始めると決まったら、転職活動を在職中に始めるか退職後から始めるか、ということは考ておく必要があります。そのためにも、まずは在職中に転職活動を始めるメリット、退職後から始めるメリットを知っておきましょう。

1.金銭面で余裕をもって転職活動を行うことができる。
 転職活動を行っていく中で、金銭的な不安があるとどうしても早く決めてしまいたいという焦りから自分にとってのベストな起業を見つけることが難しくなってしまいます。しかし、在職中の転職活動なら、継続した収入を得ながら活動をすることができるので、焦って妥協した企業に決めてしまったりすることはありません。

2.即戦力としてアピールすることができる
 ブランク期間が長引いてしまうと、前職の仕事内容がすばらしくても、ブランクがあるという不安要素が残ってしまいます。しかし在職中の場合は、退職後すぐに仕事にとりかかることができるので、そんな不安はありません。在職時の仕事の能力をそのままに新しい仕事に取り組んでいくことができます。

転職活動を退職後に行う始めるメリット

1.採用後すぐに働き始めることができる
 採用側が在職中の人を採用しようと思った場合には、もしかしたら引き留めにあって入社時期が遅れてしまったり、やっぱり転職しないなどということになるリスクがありますが、退職後に転職活動をしている人はそんな心配はありません。さらに、すぐに働き始めることができるので、すぐに人手がほしいという会社にはちょうどマッチした人材となります。

2.時間に余裕をもった活動をすることができる
 在職中に転職活動をする場合には仕事を抜け出して面接に行ったり、仕事中に応募企業にメールを送ったりなど色々な労力が必要になってきます。しかし、退職後の場合は時間があるため、ゆっくりと自分が働きたい企業を見極めてから応募することができます。

3.失業手当を受けながらの活動が可能
 退職後の転職活動をする場合でも、失業手当の受給条件を満たしていれば手当を受けながらの転職活動をすることができるので、失業手当を受けられる期間については金銭面でも不安なく転職活動をすることが可能です。短期間で転職先を決められるようであれば、失業手当を利用することで退職後の1番のデメリットである金銭的な不安を解消したうえでの転職活動が可能になります。