求人情報を見分けよう!

よりよい求人情報を見極める為には?

 文面だけでは伝わらない求人情報。とりあえず応募するのも悪くありませんが、もし自分の希望に沿わない場合は時間のムダになってしまう事もあります。せっかくのチャンスを無駄にしない為にも、「良い求人」と「悪い求人」をしっかり見分けましょう!

●どうやったら見分ける事が出来る?「良い求人」と「悪い求人」の差
 「良い求人」か「悪い求人」と思うかは人それぞれ違います。自分にとっての良い求人を見分けるポイントをしっかりと押さえておきましょう!その為にはまず、自分を知るという事が大切です。あなたが今後仕事に何を求めていくか、何にチャレンジをしていきたいのか、今後の方向性などについてをしっかり考えておきましょう。これらの考えに一致する企業ほどあなたにとって「良い企業」となります。「数打ちゃ当たる」では良い就職先を見つける事は出来ません。

●求人情報収集と並行して「企業情報」の収集を!
 気になる求人を見つけたら、記載されている情報だけに目を向けず、企業姿勢や経営理念などもしっかり収集しておく事が必要です。企業情報については求人情報サイトに多く掲載されている事もありますから、いくつかのサイトに登録しておくと良いでしょう。企業HPがあるようであれば、そちらもしっかりチェックします。求人情報誌に記載されている情報だけでは得られない情報もありますから、平行して「企業の情報をチェックしておく」という事は、よりよい求人情報を得る為にも必要な事と覚えておきましょう!

「自分の希望に沿わない」から「悪い求人」なの?

 自分の希望に沿わないから悪い求人、という訳ではありません。企業の考え・そしてあなたの考えがぴったり一致しなくても、その先の会社の方向性が一致している事がポイント。また、自分の希望に全て合う求人情報はそう多くはありません。ですから、妥協できる部分は妥協するのが大切なのです。

●「長く務める事がイメージできる企業」は良い求人!
 求人情報を収集するにあたり、あなたにとって「譲れないポイント」を押さえておく事が、良い求人を見極める一つのポイントになります。その上で「ここなら長く働けそうだな」とイメージを出来る会社は、あなたにとって良い求人であると言えます。「働けるイメージ」を想像する事、これは求人情報を見極める一つのカギとなりますので、気になる求人がある場合は「就職した後の自分」を想像してみて下さい。条件的に気に入った求人があったとしても、「働いている自分」がイメージしずらいのであれば、その求人への応募は先送りにした方が良いと言えます。