求人情報をするコツとは?

色んな手段を駆使して求人情報を集めよう!

 あなたはどんな手段を使って求人情報を集めますか?あなたの希望に合った就職先を見つける為の数少ないチャンスを確実に手に入れる為に、様々な方法があるという事を覚えておきましょう!

●紙媒体による求人情報収集
→コンビニや書店に置かれている無料の就職情報誌やフリーペーパー。実はこちらの情報誌には優良求人が埋もれている事もあるんです。実際に私もフリーペーパーによる情報収集をメインに行っていましたが、好条件の求人が沢山掲載されていました。お金をかけて掲載している分、しっかりした企業が多く掲載されている事も多いのです。更新率も非常に良いので、ぜひ活用してみて下さい!

●ネットによる求人情報収集
→求人情報サイトは今や定番化してきていますね。ネットでの情報収集の利点は「タイムリーな情報を得られる」という事ともう一つ、「市場に出回らない優良求人を優先して紹介してもらえる」という事が挙げられます。大手求人情報サイトになる程巨大企業との繋がりが多くなりますので、非公開求人なども自然と多くなるのですね。自分の情報を登録しておけば希望に合った求人をサイト側が自動選出してくれますので、求人を探す手間も省けて一石二鳥!いくつかのサイトに登録しておくのがキーポイントです。様々なサポートもありますから、ぜひこちらも利用してみて下さいね。

●職業安定所などの公認機関も利用しよう
→待ち時間などがかかる為、今では利用する人が少なくなっている職業安定所ですが、こちらでも優良求人を多く取り扱っています。PCでの求人観覧も出来ますので、手が空いた時など利用してみてはいかがでしょうか。思わぬ優良求人情報を手に入れる事が出来た、なんて事も。ただしこちらの場合、良い求人になる程競争率も高くなります。資格や経験などをお持ちの方が有利になる傾向が高いようですね。

分からない事があれば即問い合わせるべし!

 紙媒体などでの求人だと、知りたい情報が掲載されていない場合も多々見受けられます。最低限の情報しか掲載されていない事の方が多いので、分からない事があれば直接企業に問い合わせてみましょう!もしそこで面接を受ける事になった場合でも、問い合わせの履歴がある事でプラスに転じる事も考えられます。

 また、問い合わせてみる事で始めてわかる事もあり、自分の希望に沿わない場合はその場ですぐに面接を辞退する事も出来るので、時間の短縮にも繋がります。「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」と言われるように、分からない事を質問する分には何の問題もありません!今後の事も考えて、積極的に問い合わせる様にしましょう。