企業が求める若年者と転職サイト利用者の声

<企業が若年者に求めること>
 
 企業が求める人材とは、一般的に共通していることは若くて積極性のある人材です。新卒者を積極的に採用する企業も多いですが、社会経験のある25歳くらいの年齢の人を採用することは企業にとってメリットがあります。若年者を採用する側の多くは、将来の幹部候補になる人材を確保したいと考えています。そのためには新人研修が必須で、ビジネスマナー講習などに莫大なコストがかかりますが、他社でこの研修を受けビジネスマナーが身についてる人材を採用すれば、大幅にコストを削減することができます。

 また、25歳前後の離職者が増えているということは、中間層の年代が不足している企業が多いということです。中間層が不足していると、30代40代の社員にとっても後輩・部下がいないく、マネージャー層がなかなか育たないという問題が起こります。また、若手と年配層の間に入り社内のコミュニケーションを円滑にするのも、この中間層がいなければスムーズにいきません。前職での経験からどんなことに貢献できるかや、磨いてきたコミュニケーション能力をアピールすることで、25歳の転職を成功させるには十分なチャンスがあります。

<質・量ともに転職サイトが充実>

 多くの年代の中から見ても25歳は転職するにはチャンスの時です。これまで経験したことを活かすために同業種での転職はもちろん、未経験の分野にも挑戦できる年齢です。後悔のない転職をするためには自分が納得のいく企業に採用されることが大切です。そのために情報収集は不可欠ですが、就職情報媒体には様々なものがあります。代表的なものはハローワーク、就職情報誌、新聞の求人欄、転職サイトなどです。その中でも他の媒体にはないメリットがあるのは転職サイト、転職エージェントでしょう。

 なんといっても情報量が豊富で、20代の求人が中心なサイトや第二新卒向けのサイトなど、求人の量・質ともに充実しています。豊富な情報の中からいつでも求人を検索できるほか、スカウト機能があるのが特徴です。スカウト機能とは、自分のスキルを匿名で公開しておくことで、企業の求める人材とマッチしたときに企業の方からオファーがくることがあります。自分で探すほかに企業側から探してくれることによって、転職活動をスムーズに進めることができるのは大きなメリットです。

 また転職エージェントは、登録した人にしか紹介されない非公開の求人が豊富にあります。誰でも応募することができるわけではないので、それだけ競争率も低くなるのでぜひ利用することをお勧めします。他にも、専任のキャリアコンサルタントがついてくれて面接のポイントや職務経歴書の書き方の指導を受けることがきたり、無料でセミナーを受けることができるなど、プロの方から転職に関するサポートを受けることができ、転職活動に不安を感じることなく進めることができるでしょう。

<利用者の声>

 実際に転職サイトを利用した人の成功例を見てみましょう。

(事例1)
 求人の量が豊富と聞いて転職エージェントに登録しました。初めての転職で不安でしたが、担当者の方が親身に相談に乗ってくれました。提示された求人には自分では選ばないだろうと思う企業もありましたが、視野も広がったように感じます。自分では気づかなかった強みを確認でき、転職活動の参考になりました。

★自分自信を客観的に分析してもらうことによって、偏っていた転職先の幅を広げることができたのでしょう。初めての転職で誰でも不安を感じますが、プロのサポートを受けて転職のノウハウを知ることができたことが成功のポイントと言えます。

(事例2)
 経理事務の仕事に3年間就いていましたが、同じ事務でも営業事務に転職したく複数の転職サイトを併用して探しました。20代だと未経験者歓迎の求人も思ったよりもあり、数社面接を受けたのち1社から無事内定を受け取ることができました。

★未経験の職種に転職するには、とにかく未経験者OKの求人を見つけないことには始まりません。複数のサイトを利用することによって情報が多く集まったことが成功につながったのでしょう。

<おわりに>

 25歳の転職は比較的成功しやすいですが、準備をせずに臨んでもうまくは行きません。自分のキャリアプランをしっかり立て、満足する転職ができるように意欲を持って取り組んでください。